みなみの苑|埼玉県吉川市の特別養護老人ホーム・介護老人福祉施設

みなみの苑が選ばれる理由

私たちは新しい「介護」を目指しています。

「主役はご利用者様」
これが私たちの基本です。

pixta_6308998_L

ご利用者の方々が、ご自宅にいらしたときのように、
それぞれのユニットで「生活」していただく。

そして、「生活」のなかでサポートの必要なことがあれば
その部分をケアする。
そのために、私たちはとことん考え、実行します。

 

<逆ピラミッド型の組織構造>


ところの苑が大切にする「理念」と「方針」
それを日々実践しているのは、ご利用者様と直に接する現場のスタッフ。

現場のスタッフがご利用者様と共にあることをリーダーたちが支える。
だから、私たちの組織は逆ピラミッド型なのです。

みなみの苑の特長

ユニットケア

在宅に近い居住環境で、ご利用者様一人ひとりの個性や生活リズムに沿い、又、他人との人間関係を築きながら日常生活を営めるように介護を行うものです。
個人空間(プライベートスペース)を確保して、その人らしい生活を可能にしつつ、同時に他のご入居者様との相互交流のためのセミプライベート空間を備えます。
1ユニットあたり最大で12名。
その12名を各ユニットのスタッフがチームとして支援します。
ユニットケアについて⇒

 

真空調理

ご利用者様個人のご希望に沿った調理や、調理担当者の経験の違い、作る側にとっては少々苦労を伴う毎日のメニューや、旬の食材を取り入れた行事食。
美味しいものを、一番おいしく食べてもらいたい。
そんな食事の課題を一つひとつ解決していったら、真空調理にたどり着きました。
真空調理について⇒

 

環境

それぞれの居室は、ご利用者様の個人空間。
だから、すべて個室であることが重要です。
新しく生活を始めるにあたっては、ご自宅での生活に使っていた品を持ち込んでもらっています。
愛着ある品に囲まれて、一人でゆったりと過ごす時間を大切にする。
安心して暮らせる空間があるからこそ、他の人との関係が活きいきと感じられる。
そんな当たり前の生活を目指し、実現するのが、みなみの苑の「ユニットケア」なのです。

 

医療機関

みなみの苑では、ご利用者様の医療面の安心はもちろん、病変や体調の急変、又、健康管理、健康指導といった医療ニーズにお応えする為、近隣の医療機関から協力をいただいております。

<嘱託医・産業医>
・埼葛クリニック 院長 小笠原忠彦

<協力病院・協力歯科医院>
・医療法人社団協友会 吉川中央総合病院
・IMSグループ 医療法人三愛会 三愛会総合病院
・フリージア歯科クリニック

PAGETOP
Copyright © 特別養護老人ホーム みなみの苑 All Rights Reserved.