埼玉県所沢市の特別養護老人ホーム・介護老人福祉施設 ところの苑のホームページです。

<スタッフボイス03>本橋 和久

【所属・職種・担当】
生活相談員
【入社年】
平成27年8月
【出身地】
宮城県
【出身校】
東京福祉大学 社会福祉学科
【趣味】
サッカー観戦(TV)、ラジオ


介護の仕事を選んだきっかけ

元々は保育士になるつもりで専門学校に進学したのですが、保育の実習に行き、子供と触れ合う中で、「自分は保育士に向いていないな。」と感じ、保育士の夢は断念しました(一緒に実習に行った友人の方が子供から人気があってへこむ)。同じ専門学校で介護の事も学ぶ事が出来たので、介護の仕事を選ぶことにしました。当時は友人に子供の人気で勝てず嫉妬しましたが、今では介護の仕事を選択して良かったと思っています(結局、その友達も保育士ではなく、介護の世界へ)。

入職したきっかけ

私が社会人になった最初の職場がところの苑でした。その頃から「こんな事をしてみたい。」「もっと利用者さんを楽しませたい。」という職員の想いを実現させてくれる職場であり、魅力的な「生活の場」でした。その後、私は退職し、5年程他施設で生活相談員の仕事をしていましたが、退職した後もところの苑の事が気になりHP等を確認していました。その中で特に印象に残っているのは1泊2日の旅行行事です。HPで旅行行事の事を知り、旅行中のご利用者様、ご家族様の喜ばれている表情を想像し、自分も「こんな楽しい事のお手伝いをしてみたいな。」という気持ちを強く持ちました。昨年8月より再びところの苑にお世話になっていますが、まだまだ自分の仕事だけで精一杯なのが現状です。今後は「利用者様の為にどんな事が出来るか。どんな楽しい事が出来るか。」を考えて日々の業務に取り組んでいきたいと思います。

日々の業務の中で大変な事

社会福祉法人端午会には特養、デイサービス、地域包括支援センター、居宅介護支援事業所、管理事務、キッチン、営繕、また4月より新たに開設された「みなみの苑」と様々な福祉サービス、部署があります。その中で私は特養の生活相談員を務めさせて頂いておりますが、ご利用者様、ご家族様、そして他部署の職員の様々な想いや考えは、時に異なる方向に向いてしまう事があります。ご利用者様、ご家族様にとって何が最善なのか、この大前提に向かって皆が同じ方向を向いて支援していける様に、生活相談員として日々成長していきたいと考えています。

PAGETOP
Copyright © 特別養護老人ホーム ところの苑 All Rights Reserved.